実績例


基本情報に戻る

構造工法 階数 工事年
木造軸組み工法 1階建て 2011
コメント
外観写真1
南面外観:太陽熱温水器でつくったお湯をスカイブレンダーを介してガス給湯器に接続して利用します。また、風呂の残り湯を洗濯機へ注水するシステムも採用し省エネに積極的に取り組んでいます。
外観写真2
シルバーの金属サイディングで仕上げた外壁に一部レッドシダーを張り込みました。杉板で造作した戸箱も温かみを演出しています。
コメント
内観写真1
LDKは、勾配天井により広がりと通風に配慮しました。天井にシーリングファンを設置し上部には電動ハイサイド窓も設置しました。これらを上手に利用することで体感温度や夜間排熱・通風をコントロールしています。
内観写真2
落ち着きのある色合いで仕上げた、無垢フロアのLDK。東・南面の開口部からの日照の取得に配慮しました。また内障子をアウトセットして設けることにより冬季は開口部全面からの日射取得を可能としました。
コメント
配置図・外構図1
敷地の周囲に空地を残し、昭和初期からの使われていなかった井戸を子供達の水遊びの場として再生させました。また南側の芝庭は夏季の地表面からの輻射熱の軽減にも一役かっています。
コメント
各階平面図1
日照や通風の確保の為LDKを南北に配置。子供室は2室共南向きにし、さらに2階ロフト北壁にハイサイド窓を設置し採光排熱に配慮しました。各室出入り口は引戸とし家族の動線や通風をコントロールし易くしました。
各階平面図2
リビング及び子供室のロフト部分は勾配天井とし北壁ハイサイド窓への通風・排熱経路を確保すると共に空間に広がりをだしています。
コメント
矩計図1
「長期優良住宅先導的モデル」仕様に基づき構造性能・省エネルギー性能・劣化対策性能・維持管理対策性能を確保しました。暑い夏や寒い冬の時期も快適で省エネルギーの住宅となりました。
コメント
立面図1
北側に隣接する両親の家への日影を考慮し、平屋建てに近い外形としました。屋根は南と北側を段違いにしハイサイド窓を設け、採光と通風・排熱に考慮しました。南側は夏季の日射遮蔽の為深い軒の出としました。
立面図2
コメント
その他特徴を表す図/写真 1
出幅2mの電動オーニングは室内のスイッチで出幅を調整できます。家内への夏の日差しを遮り、またウッドデッキの輻射熱も軽減してくれます。
その他特徴を表す図/写真 2
ペレットストーブ:ペレットは間伐材などを原料としたバイオマスエネルギーのひとつとして、環境に優しい暖房燃料です。薪ストーブと違いファンヒーターの手軽さで扱える為、お客様にも大変好評です。
その他特徴を表す図/写真 3
子供室や寝室の窓には、可動式のルーバー雨戸を設置しました。暑い夏の夜はこのルーバー雨戸を利用することにより防犯上も安全に、夜間排熱と通風が行えます。

基本情報に戻る


この画面を閉じる