A: 体制整備やサービスに関わる取り組み(ソフト)

顧客管理システムの充実(追客~OB施主まで顧客情報を一括管理)

取り組みのねらい

 工務店では、新規物件の住宅履歴情報の登録の他に、営業面からすると、OB施主の情報や追客情報を何とかしたいというニーズがあります。
 実際に、情報サービス機関として、工務店との会話の中で、要望として上がりました。そのため、顧客管理システムとしても成り立つようシステム改修を加え、顧客管理(追客履歴情報)もできるようにシステムの機能を充実させました。これにより、全顧客の管理が可能となり、その情報が住宅履歴情報に引き継がれるようになりました。
 これで、住宅履歴情報とOB施主と追客履歴の情報が一元化されて管理できるようになりました。住宅履歴情報と顧客情報(個人情報)を明確に分けて、
表現するようにしています。

取り組みの効果と今後の課題

 この機能アップで、全棟、住宅履歴情報の登録に対応をする工務店、数社に利用してもらえるようになりました。ダイレクトメール用のシールラベルの印刷機能や顧客対象を絞ってメールを一斉に配信する機能などを持たせています。
 住宅履歴情報だけが独立するのではなく、利用する工務店の仕事を理解し、ユーザーの使い勝手をよくすることが求められていると感じています。しかも、住宅履歴の登録サービスの利用料を負担しているのは、工務店です。コストを負担している側に立ってサービスを組み立てる必要を感じます。


基本情報に戻る


この画面を閉じる